人工関節について

人工関節について

人工膝関節置換術とは

変形性膝関節症、関節リウマチ、骨壊死などによって傷んでいる関節の表面部分を削り取り、金属やセラミック製の人工関節に置き換える手術です。金属と金属の間には超高分子ポリエチレンを挿入し、膝がなめらかに動くように工夫されております。悪いところをすべて取り除くため、他の手術法を比べると痛みを大きく和らげる効果が大きいことが特徴です。手術成績は非常に安定しており、ほぼ確実に痛みから解放され通常の生活ができるようになります。

近年、技術が進化し、最小侵襲手術(MIS手術)が普及し、以前に比べより患者さんの負担が少なく手術することが可能となりました。そのため手術翌日より歩行練習も可能となり入院期間も短くなってきています。

2012年のデータ(矢野経済研究所)では、日本国内だけで年間7万件以上の人工膝関節置換術が施行されており、年々増加傾向にあります。現在は手術法もほぼ標準化され、熟練した医師が執刀すれば安全にできるものとして定着しております。

人工関節の利点
  1. 痛みが楽になります。翌日より歩行訓練を開始します。
  2. 関節が以前より動くようになります。
人工関節の問題点
  1. 手術ですので、感染症など合併症の問題があります。
  2. 一般的に20年以降に入れ替えの手術が必要となる場合があります。