痛風について

なぜか徐々に足の親指が痛くなってきた・・・

症状:ある日突然、関節が痛くなり、赤く腫れてきた。

原因:尿酸値が高い状態(7.0mg/dl以上)でいると、結晶化した尿酸が関節の壁に定着します。そして暴飲暴食や激しい運動、ストレスをきっかけに、定着していた尿酸結晶が剥がれ落ち、その時に激しい痛みを伴う痛風発作がおきます。(尿酸の原因はプリン体です。食事から取り込まれるプリン体は、体内にある物のうち20%ほどです。その他の80%は、実は体内で作られた老廃物と言われております。)

痛風1

治療法:痛みの強い痛風発作時には、炎症を抑える治療です。つまり、冷やして、安静にしていただき、痛み止めの内服や湿布を使用します。

当院では、痛みが強い場合は、超音波エコーを使用し、確実に関節内にステロイドを注射も可能です。痛みが緩和したときに尿酸値を下げる薬と開始するか検討します。

予防法:プリン体を多く含まれる食べ物を控え、菜食中心の食事に切り替えるか、尿酸値を下げる薬を当院で処方します。

痛風セルフチェック(以下の人は痛風になりやすいです)

  1. 男性である
  2. 30歳以上
  3. 肥満している
  4. 油っぽい物が好き
  5. 水分をあまり取らない
  6. 外食やコンビニ食が多い
  7. 食事の時間が不規則
  8. アルコールをよく飲む
  9. ジュースや清涼飲料をよく飲む
  10. 甘い物が好き
  11. ストレスが多い
  12. 家族や親族に痛風の人がいる

痛風Q&A

Q:ビールだけ控えてれば大丈夫ですか?
A:尿酸値はアルコールそのものでも上がります。またプリン体ゼロのビールに変えてもアルコール自体で尿酸値が上がります。アルコールの中でも比較的湾が尿酸値を上げにくいと言われております。
Q:食事制限すれば大丈夫ですか?
A:尿酸値は食事だけでコントロールできないことも多いです。ストイックな食事制限は必要ありませんが、暴飲暴食は控えた方が良いです。
Q:食べた方が良いものはありますか?
A:乳製品や、海藻、野菜、きのこ、芋などを積極的に取ることを勧めております。また、コーヒーも尿酸値を下げると言われているので、1日3杯ぐらいなら大丈夫です。
Q:痛みが無くなったから、治ったと判断して良いでしょうか?
A:痛みがないからと言って、関節内に結晶化された尿酸は残っております。関節内に溜まった尿酸結晶は、5年くらいで無くなると言われております。
Q:薬で痛みが無くなったら、もう飲まなくて良いのでしょうか?
A:尿酸の薬をやめてしまうと2日くらいで尿酸値は元に戻ります。また、尿酸値が下がっても、関節内の尿酸結晶が消えるまでの5年間は、痛風発作が起きる可能性があります。

各疾患一覧