当クリニックについて

ご挨拶

ごあいさつ

皆様、こんにちは。福住整形外科クリニック 院長 亀田和利です。

平成28年4月に地下鉄東豊線「福住駅」のイトーヨーカドーに開業しましてから、札幌市豊平区福住の近郊(福住、月寒、西岡、美園)の人々の健康を支えることを目標に診療を続けてきました。

当院では膝痛、腰痛、肩こり、スポーツの怪我、骨粗しょう症、交通事故などの一般的な整形外科診療をおこなっております。

その中でも、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、急性腰痛症、足関節捻挫、五十肩(肩関節周囲炎)、痛風、肉離れ、ばね指も多く診療しております。

特に柔道整復師1名の他、理学療法士を5名まで増員し、運動器リハビリテーションを充実させており、通い続ける医療から、治る医療を目指しております。

その他の取り組みとしては、診療効率化を重要視しており、医療事務員を4名まで増員し、お待たせしない医療を心がけております。

当院には、MRIやCT検査、手術施設、入院施設がないため、必要あれば近隣の整形外科病院に紹介させていただいております。また変形性膝関節症に対してMIS人工膝関節置換術は、近隣の病院で院長が自ら手術を行っております。今後も地域の患者様に安心な医療を提供できるよう地域連携を進めていきたい所存です。

最後に、訪れたときに「ほっ」と笑顔で安心できる医療を提供できるよう「かかりつけ医」を目指しております。札幌市豊平区の皆様にご信頼・ご満足をいただけるよう、スタッフ一同がんばりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

院長 亀田和利

豊平区の整形外科医亀田和利
院長 亀田 和利
  • 日本整形外科学会整形外科 専門医
  • 人工関節学会
  • 人工関節若手の会
  • 日本整形外科学会
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
専門分野
  • 膝関節(人工関節置換術)
  • 骨粗鬆症
略歴
平成12年 札幌医科大学卒業 平成13年 札幌南整形外科病院 平成17年 札幌医科大学大学院医学研究科 医学博士学位取得 平成18年 砂川市立病院 平成19年 市立芦別病院 平成20年 市立室蘭総合病院 平成23年 広域紋別病院 平成24年 苑田会人工関節センター病院(東京) 平成25年 五輪橋整形外科病院 平成27年 同病院(副院長) 平成28年 福住整形外科クリニック 院長 平成30年10月 医療法人社団 福住整形外科クリニック 理事長

小暮裕之先生からの推薦文

亀田先生は高い人格性を持った医師であり、経営者です。

謙虚で親切、素直さを兼ね備えながら、実行力に溢れ、常に未来を見据えた挑戦をされている「福住整形外科クリニック」は現在急成長を遂げています。そして、その活躍は船井総合研究所(船井総研)での複数回に講演依頼、テレビ、医療経営専門の雑誌、財界さっぽろなどのメディアでも取り上げられることが増えてきています。

私たちは2020年4月11日までに職員アンケートの満足度が100%になることで自信を持って切磋琢磨できるチームになる

このミッションを中心に据えながら、亀田先生のもとに集まる素晴らしい仲間たちみんなが、福住整形外科クリニックを応援しており、今後も急スピードで成長を遂げると確信しています。

そして、 医療経営大学の中でも指導的立場としての行動をされており、学んだことを現実に落とし込んで結果を出すスピードは飛び抜けています。 有明こどもクリニックではCCS(Coporate Culture Standard)というクリニックのルールを共通言語化するための冊子があるという話を講演会でお話しすることがあります。みんな必要性は理解されるものの、実際に行動に移される先生は少ないのが現状です。しかし、亀田先生はこの取り組みに向けて、定例で仲間が集まり、着々と完成に近づいている数少ない先生の一人です。

整形外科の先生をはじめ、看護師、医療事務の方も、亀田先生のクリニックの仲間になることで成長の機会となることを保証します。

2020年3月13日 有明こどもクリニック 理事長 小暮裕之

有明こどもクリニック 理事長 小暮裕之さまとの写真

小暮先生

東京湾岸地域で、有明院・豊洲院・勝どき院・田町芝浦院の4院合わせて、年間12万人の方を診療する有明こどもクリニック理事長。テレビ出演などメディア依頼が多く、また今後は「笑顔で安心して出産や子育てができる社会を創る」というミッションから、小児医療の不足している海外アジア地域にも展望を持って取り組んでおります。

また、2019年より医療経営大学を開校。小暮裕之先生の卓越した経営者としての才能、優れた人格を慕って、全国から多くの医師が集まり学んでいます。

TOP