リハビリのご案内

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、単に機能訓練をさすのではなく、障害を持った場合に可能な限り社会生活を取り戻すことを意味します。

そのため、何か怪我をされた際に、その怪我による機能訓練を行うことも大事ですが、ご自身で体を積極的に動かしていくことも重要になります。

痛みや痺れの軽減をしていくだけではなく、体の動かし方を治していく治療をしております。

医師の指示に基づき、痛みや痺れ、関節の動きの制限や、筋力の低下、姿勢や動き方、さらにはスポーツや交通事故などによる障害など患者様ごとに要因はさまざまですが各個人にあった最適な治療を提供するために専門医による診察を経て、理学療法士という体の構造を熟知しているリハビリの専門家による施術や運動の指導を行うなど各専門家がそれぞれの分野で力を発揮し、チームでの医療を提供していきます。

理学療法

理学療法とは怪我や病気などによって運動機能が低下した状態にある方々の運動機能の改善や維持を行い、日常生活動作(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上を目指しております。

理学療法には、運動療法・徒手療法・装具療法・物理療法の4つのアプローチ方法があり、それぞれ症状や状況に合わせて使い分けております。

運動療法

関節や筋肉の状態を改善・維持するために治療的な運動を行います。また、筋肉が部分的に弱い場合など、筋肉量を増やす場合にも活用します。最終的にはご自宅でも運動ができるように指導もします。

徒手療法

骨関節、筋肉、筋膜、神経などの身体の各疾患の状態に応じて、治療方法を選択して骨関節の動きの程度や質を正常化させることや、筋肉量を正常化させ、正しい働きをするような硬さをほぐしたりします。

関節機能の改善のために行いますので、筋肉をほぐすことが目的のマッサージとは目的が異なり、根本治療には有効です。

装具療法

症状や状態に合わせてサポーターやテーピング・足底板(インソール)などを行います。

物理療法

電気的な刺激を加える・温めるなどの物理的な刺激を与えることによって、患部の血流促進を図り、痛みを抑制することを目的としています。あくまで、痛みを抑えるために行うため、徒手療法や運動療法などの施術を合わせることで効果を発揮します。

リハビリスタッフ紹介

症状に合ったリハビリを提供するために、様々なスタッフが在籍しており、連携しております。

理学療法士

理学療法士は国家資格であり、PT (Physical Therapist)とも呼ばれており、怪我や病気などで体の機能が低下して、障害の発生の予測される人に対して、立つ・歩く・座るなどの基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、徒手療法や運動療法などを用いて自立した日常生活を送れるように支援するリハビリテーションの専門職です。

リハビリの内容に関して、理学療法士がマンツーマンでつき、医学的視点から身体能力や生活環境等を考慮した上で、医師と連携しそれぞれの目標に向けた適切なプログラムを作成します。

柔道整復師

柔道整復師は国家資格であり、骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの怪我に対して、「非観血的療法」というアプローチ方法により、手術を行うことなく、整復・固定を行うことができる専門家です。

リハビリ助手

リハビリに来る方の受付、予約の電話の対応、リハビリを行う際の器具の装着や補助を行っております。

治療メニュー

運動器リハビリテーション

理学療法士や柔道整復師(みなしの認定を受けた柔道整復師)による20分の個別リハビリテーション(運動療法・徒手療法)

1回20分の予約制のリハビリテーションです。

消炎鎮痛

低周波、マッサージ器、超音波などの機器によるリハビリテーション(物理療法)

TOP