交通事故治療のご案内

交通事故治療のご案内

交通事故でこんな症状でお悩みではありませんか

  • むち打ち・首・肩の痛みがある
  • 頭痛や脱力感がある
  • 目覚めが悪く、集中力が続かない
  • いつまで通院したらよいかわからない
  • 交通事故後しばらくしてから痛みでてきた
  • 交通事故に遭ってどうしてよいかわからない
  • 体を動かすと首肩に痛みがある

交通事故にあうと、身体のみならず
様々な障害を被ることになります。

交通事故の治療とは?

交通事故治療は、交通事故が原因の症状(むち打ち、腰痛、手足の痛み、だるさ、不快感 等)の治療のことをいいます。

当院では、交通事故後の診察・治療を行います。 交通事故後の後遺症をできるだけ少なく済ますためにも、交通事故に合ったらすぐに整形外科に通院しましょう。

また、交通事故直後は、何も自覚症状がなくても、数日たってから痛みが出てきるということがよくあります。 その際も、できるだけ早めに整形外科や病院に通院しましょう。

交通事故にあってしまったら

交通事故にあったら、まず落ち着いて行動しましょう。次の流れに沿って対応しましょう。

1.警察へ連絡

まずは警察へ連絡をしましょう。痛みなどの症状が無くても事故の届出をしないと、各証明や手続きに必要な「交通事故証明書」ができません。

2.相手を確認

相手の氏名、連絡先、勤務先、保険会社名、任意保険の有無を確認しましょう。

3.事故の状況を記録する

現場の写真や、自己の状況を記録しておきましょう。

4.保険会社へ連絡を入れる

ご自身が加入されている、保険会社に事故の状況について連絡を入れましょう。

5.整形外科や病院で診療を受ける

交通事故の場合、首を負傷することが多いです。首は神経が集中している部位であり、様々な症状がでます。そのため、まずは医療機関で診察をすることが大切です。

むち打ちについて

・むち打ちについて

「むち打ち」は、正確には「頚部捻挫」や、「外傷性頚部症候群」といいます。

車での事故による激しい衝撃のため、首が“むち”のようにしなることから「むち打ち」といわれます。

むち打ちは、衝撃により、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。また、首の周りには、様々な神経が集中しており、他に倦怠感や吐き気、食欲不振、めまいなどが起こることもあります。

・むち打ちの治療

レントゲンや必要であればMRI(※近隣の医療機関と連携して撮影いたします)を用いて詳細に評価を行います。

医師の診察をもとに服薬やリハビリテーションを行っていきます。

リハビリテーションでは機械による牽引や当院に在籍する理学療法士や柔道整復師による施術で治療を行っていきます。

当院では経過を観察しながら
サポートをさせていただきます。

交通事故で整骨院等にもかかっている患者様へ

当院では、交通事故診療においては、同時に整骨院等の併用の受診は原則お断りしております。整骨院等にもかかっている場合は、医師にご相談ください。 (整骨院等には、整骨院、ほねつぎ以外にもあん摩・マッサージ・指圧、はり、きゅう師も含みます 事故後から接骨院等のみにかかっている場合や、医療機関受診後に長期間にわたって接骨院等に通っている場合等は、病状の経過が不明となり、症状と交通事故との因果関係が証明できなくなるため、当院では交通事故における自賠責様式診断書や後遺障害診断書の作成をお断りする場合があります。 以上、ご理解いただければ幸いです。